お知らせ・最新情報

年長組の子どもたちがみかん狩りに行きました。

投稿日:2018年10月19日 / Category:園長日記

18日(木)の午前中、年長組の子どもたちがスクールバスに乗って、高岡町にあるみかん畑にみかん狩りに行きました。
秋晴れに恵まれ、子どもたちは袋いっぱいにみかんをとって帰ってきました。
早速、味見をしてみたところ、とても甘くておいしかったです。
家庭でも、家族みんなでおいしく食べていただいたことでしょう。

出発です。楽しみです。

さあ、みかん狩りを始めます。

 

袋いっぱいにみかんを取って持って帰ってきました。

早速、味見をしてみましたよ。

 

0、1歳児が「音で遊ぼう」の活動をしました。

投稿日: / Category:園長日記

19日(金)の午前中、宮崎学園短期大学から中武亮子先生に来ていただいて、保育園部0歳児(ぱんだ組)と1歳児(うさぎ組)の子どもたちが「音で遊ぼう」の活動をして楽しみました。
0歳児や1歳児に何ができるのかな?と思われる方も多いと思いますが、「0歳児、1歳児おそるべし!」
けっこう、できるものですよ。

0歳児(ぱんだ組)の様子です。

1歳児(うさぎ組)の様子です。

 

 

 

 

 

朝のボランティア

投稿日: / Category:園長日記

運動会後も、子どもたちが朝の時間によく1階テラスの掃き掃除をしてくれています。
19日(金)も7時半頃から、子どもたちがせっせと手ぼうきを持って掃き掃除をしてくれていました。
この日は、年少組の子どもたちは、芋掘りに出かけることになっており、スモックを着て登園してきました。
芋掘り前に掃き掃除。
ほほえましい光景です。見ていてうれしくなります。

宮崎学園高校の生徒が就業体験学習で来ています。

投稿日:2018年10月18日 / Category:園長日記

18日(木)から2日間、宮崎学園高校の生徒6人がインターンシップ(就業体験学習)で本園で活動しています。
18日は保育園部で、19日は幼稚園部での活動を行います。
18日は、0歳児、1歳児、2歳児のクラスにそれぞれ2人ずつ入って、保育士の仕事について、実際に活動しながら学びました。
子どもたちもお兄さん、お姉さんにすぐになついて、楽しく遊んでいました。

0歳児クラスの様子です。

 

1歳児クラスの様子です。

 

2歳児クラスの様子です。

 

 

 

「音で遊ぼう」の活動をしました。

投稿日: / Category:園長日記

17日(水)の午前中、宮崎学園短期大学から中武詩織先生に来ていただいて、年中組の子どもたちが「音で遊ぼう」の活動をしました。
今回は、すみれ組の活動の様子をお届けします。

タンバリンをたたきながら、朝のあいさつから始まります。

ピアノの曲調に合わせて、元気に走ったり、止まったり、回ったり・・・・。いろいろな動きを自由にしていきいます。

身体を動かした後は、静かに読み聞かせ。生演奏のBGM付きです。

次は、音楽に合わせて、楽器を演奏?して、音を楽しみました。

最後は、お礼をしておしまいです。みどり幼稚園の教育目標「きまりよく、なかよく、ありがとう」を取り入れ、実践する活動となっています。

タンバリンをたたいて「さようなら」

 

10月の誕生会を行いました。

投稿日:2018年10月17日 / Category:園長日記

16日(火)の午前中、保育園部、幼稚園部それぞれで10月生まれの子どもたちの誕生会を行いました。
今回は、保育園部は4人、幼稚園部は16人でした。
それぞれの紹介をして、私からは本園の教育目標「きまりよく、なかよく、ありがとう」について話しました。
特に、幼稚園部では、誕生日には、これまで育ててくれたおうちの人に「これまで育ててくれて、ありがとう。」とお礼を言いましょう、と話しました。
その後、プレゼントをもらって、ゲームなどをして楽しみました。

保育園部の様子です。

先生方からダンスのプレゼントです。

幼稚園部の様子です。

ゲームで楽しみました。

 

みんなでお祝いの歌を歌いました。

 

 

 

 

 

 

秋晴れの下で運動会を行いました。

投稿日:2018年10月16日 / Category:園長日記

13日(土)の午前中、宮崎学園高等学校のグラウンドを借りて、運動会を行いました。
当日は真っ青な秋晴れに恵まれました。
今回、初めて土曜日開催にしたことで、事前準備を当日の午前6時から行いました。
保育園部の保護者の皆さんには、早朝からお集まりいただき、準備に協力いただきました。
前日に、テント設置をしておいたため、1時間ほどで準備が整いました。
ご協力いただいた皆さん、ありがとうございました。
また、運動会そのものも定刻の午前8時半から開始し、プログラムが予想以上に早く進み、午前11時には閉会式が終了しました。

今回、うれしかったのは、当日の欠席者がいなかったことです。
みどり幼稚園の子どもが全員揃って運動会ができたことをたいへんうれしく思います。
保護者の皆さんが、子どもさんの体調管理を適切に行っていただいたからだと思います。ありがとうございました。

その後の片付けも、保護者の皆さんのご協力で、11時半頃にはほとんど終わってしまいました。
保護者の皆さんの協力なしには実施は難しかったと思いました。
保護者の皆さん、ご協力ありがとうございました。

ところで、プログラムが予想以上に早く進んだことで、未就園児のかけっこに参加できなかった子どもさんがいました。
せっかく楽しみにして来てくれたのに、申し訳なく思います。関係の保護者の皆さんにもお詫び申し上げます。
来年度は、本年度の状況を振り返り、改善すべき点はしっかり改善し、子どもたちが生き生きと活動し、保護者の皆さんや関係の皆さんにも楽しんでいただける運動会を目指していきます。

なお、今回、私は来年度以降の参考にとビデオを撮影しておりました。そのため、カメラでの撮影ができませんでしたので、ビデオから写真を切り出して掲載させていただきます。人物が小さく写ったりしていますが、ご勘弁ください。雰囲気を感じていただければと思います。

早朝からの準備、ありがとうございました。

いよいよ始まりました。ここからの写真はビデオから切り出したものですので、少し縦長になっています。

プログラム1番:年長組「バルーン」

プログラム2番:2歳児「かけっこ」 ※ここから画面のサイズを調整しました。

プログラム3番:0歳児「親子団技」

プログラム4番:年少組「かけっこ」

プログラム5番:1歳児「かけっこ、親子リズム」

プログラム6番:年中組「かけっこ」

プログラム7番:2歳児「ダンス」

プログラム8番:年少組「ダンス」

プログラム9番:年長組「かけっこ」

プログラム10番:年中組「ダンス」

プログラム11番:年長組「組体操、ダンス」

プログラム12番:年中組「リレー」

プログラム13番:未就園児「かけっこ」

プログラム14番:卒園児「かけっこ」

プログラム15番:保護者、祖父母「大人団技」

プログラム16番:年長組「リレー」

閉会式

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

宮崎学園創立記念式典を行いました。

投稿日:2018年10月12日 / Category:園長日記

10月12日は宮崎学園の創立記念日です。
今から79年前の1939年(昭和14年)、宮崎学園の創立者で初代理事長である大坪資秀(おおつぼ すけひで)氏が宮崎女子商業学院と宮崎高等裁縫女学校を私財をなげうって設立されました。
その後、この2校は合併して宮崎女子高等学校と改称し、平成15年には男女共学となり、現在の宮崎学園高等学校となりました。
宮崎学園は、この後、みどり幼稚園、宮崎学園短期大学(前身は宮崎女子短期大学)、清武みどり幼稚園、宮崎国際大学、宮崎学園中学校と、時代の変化に応じて教育施設を増やしてきて、現在に至っています。
当日は、午前中、保育園部と幼稚園部とで、それぞれ創立記念式典を行いました。
保育園部では、子どもたちのひいおじいちゃんやひいおばあちゃんが生きていた頃に、大坪資秀さんという人が宮崎学園高校をつくり、みどり幼稚園もつくった、という話をしました。
幼稚園部では、もう少し詳しく、みどり幼稚園は6人きょうだいの2番目だということ、大坪資秀さんが学校をつくっていなかったら、みどり幼稚園もなく、みんながこうして出会うこともなかったでしょう。もしかしたらみんなのおばあちゃんやお母さんの中には、高校の卒業生がいるかもしれないので、もしそうだったら、昔のことを聞いてごらん、と話しました。
保護者の皆さんの中で、宮崎学園高校や宮崎学園短期大学を卒業された方は、ぜひ皆さんが生徒の頃、学生だった頃の話をしていただけませんか。
式典の最中、子どもたちは静かに私の話を聞いてくれましたが、はたしてどれだけ理解してくれたでしょうか?

保育園部での様子です。

幼稚園部の様子です。ステージに置かれているのは初代理事長 大坪資秀氏の胸像です。

子どもたち、職員ともに正装して式典に参加しました。

 

 

京都から芸妓さんと舞妓さんが来てくれました。

投稿日:2018年10月10日 / Category:園長日記

10日(水)の午後1時から、園舎2階ホールで京都から来ていただいた芸妓さんと舞妓さんの踊りを鑑賞しました。
宮崎山形屋で開催される京都のイベントの一環で宮崎出身のお二人が宮崎に来られ、本園にも来てくださいました。
「松づくし」と「祇園小唄」の2曲を踊っていただきました。
また、舞妓さんと芸妓さんの違いについての説明もありました。
子どもたちにはちょっと難しかったみたいですが、しっかりと聞いていました。写真の中で説明を入れていますので、お読みください。
その後、質問コーナーもあり、子どもたちから「踊りはいくつあるのですか」に対して「普通踊るのは30くらい」、「踊りはどのくらいでおぼえるのですか」に対して「2回くらいで覚える」というやりとりがありました。
最後に、クラス毎に芸子さん・舞妓さんと写真を撮って、お別れしました。
テレビ局(MRT、UMK)や新聞社(宮崎日日新聞、朝日新聞)の取材もありましたので、夜のニュースで放映されたり、11日以降の新聞に掲載されるかもしれません。

左が舞妓の叶紘(かのひろ)さん、右が芸妓の涼香(りょうか)さんです。どちらも都城市のご出身ということです。

舞妓さんは華やかなかんざしを付けています。

舞妓さんの袖は長く、芸妓さんの袖は短いです。

舞妓さんの帯は「だらりの帯」と呼ばれ、長く垂れています。

子どもたちが質問し、ていねいに答えていただきました。

子どもの代表にお二人からお土産をいただきました。

終了後、クラス毎に記念撮影をさせていただきました。

 

 

 

ページ上部へ戻る